ヘッダー部分を読み飛ばし、コンテンツへ移動する
トップ使用画像説明
2016年・冬
2016年・秋
2016年・夏
2016年・春
2015年・冬
2015年・秋
2015年・夏
2015年・春
2014年・冬
2014年・秋
2014年・夏
2014年・春
2013年・冬
2013年・秋
2013年・夏
2013年・春
2012年・冬
2012年・秋
2012年・夏
2012年・春
2011年・冬
2011年・秋
2011年・夏
2011年・春
2010年・冬
2010年・秋
2010年・夏
2010年・春
2009年・冬
2009年・秋
2009年・夏
2009年・春
2008年・冬
現在位置 トップページ > トップ使用画像説明 > 2014年・冬

トップ使用画像説明

2014年冬

友泉亭公園

友泉亭公園 写真 筑前黒田家の六代藩主継高公が、江戸時代の中期に別荘として作った公園です。
昭和56年、福岡市が歴史公園として整備し開園しました。
1ヘクタールの敷地にひろがる純日本庭園は、その池泉(ちせん)とともに見事なものです。
本館の建物は、昭和の初期に建てられたもので、回廊を持つ17.5畳のゆったりとした大広間から庭園を眺めていると、街中の喧噪などすっかり忘れてしまいそうです。
黒田の殿様も、多分こうして四季のうつろいを楽しんだにちがいありません。
(提供:福岡市)

ごぼ天うどん

ごぼ天うどん 写真 福岡の博多祗園山笠発祥の寺としても知られる承天寺(じょうてんじ)の境内には「饂飩(うどん)蕎麦(そば)発祥之地」という石碑が建っています。
そう、福岡は実はうどん発祥の地なんです。そのためか「うどん王国」でもあります。一般的にコシが柔らかく、汁は昆布・鰹節・うるめ・鯖節・いりこ・あじこ・あご(トビウオ)等を使用した薄口醤油で仕上げる福岡のうどんの中で、絶大な人気を誇るのが「ごぼう天うどん」です。うどんの上に笹がきごぼうをかき揚げにした(もしくはバラバラに揚がった)天ぷらが乗っているものです。
地元では愛着をこめて「ごぼ天うどん」とも呼ばれています。
(提供:福岡市)

博多漁港

福岡城跡 写真 福岡は海に向かって開かれた街であり、古くから海外交流の接点として「博多の新鮮でおいしい魚」を届けてきました。博多漁港は都心から近い市の中央に位置し、福岡市という大消費地を背後に擁する全国有数の漁港です。江戸時代に福岡藩が整備したものを受け継ぎ、昭和初期に底曳網漁業の基地として整備されてきました
(提供:福岡市)「撮影者:Fumio Hashimoto」
このページのトップに戻る
Copyright(c)2008 福岡市社会福祉協議会 All Rights Reserved. このページのトップに戻る