ヘッダー部分を読み飛ばし、コンテンツへ移動する
トップ使用画像説明
2016年・冬
2016年・秋
2016年・夏
2016年・春
2015年・冬
2015年・秋
2015年・秋
2015年・夏
2015年・春
2014年・冬
2014年・秋
2014年・夏
2014年・春
2013年・冬
2013年・秋
2013年・夏
2013年・春
2012年・冬
2012年・秋
2012年・夏
2012年・春
2011年・冬
2011年・秋
2011年・夏
2011年・春
2010年・冬
2010年・秋
2010年・夏
2010年・春
2009年・冬
2009年・秋
2009年・夏
2009年・春
2008年・冬
現在位置 トップページ > トップ使用画像説明 > 2010年・秋

トップ使用画像説明

2010年・秋

博多灯明

博多まちやふるさと館の灯明写真
博多まちやふるさと館の灯明
 毎年10月に開催される、夜の博多を幻想的に照らすイベント「博多灯明ウォッチング」。
 神社や寺で行われていた「千灯明」をヒントに、平成6年(1994年)にスタートした新しい祭りで、今では博多の秋を代表する一大イベントとなっている。
 町じゅうの通りや寺社が地域の人たちが手作りでつくった数万個の灯明で映し出され、また旧小学校の校庭などでは灯明による巨大な地上絵が描かれ、多くの人が見物に訪れる。

おきゅうと

おきゅうと写真  江戸時代から博多の庶民に親しまれてきた食材で、昔は朝の食卓には欠かせないものだった。
 海藻のおきゅうと草(エゴノリ)をさらして水煮し、薄く流して固めたもの。それを短冊状に切り、ゴマやカツオブシをのせ、醤油をかけて食べる。
<写真提供福岡市>
このページのトップに戻る
Copyright(c)2008 福岡市社会福祉協議会 All Rights Reserved. このページのトップに戻る