ヘッダー部分を読み飛ばし、コンテンツへ移動する
社協について
市社会福祉協議会について
組織
あゆみ
事業一覧
事業計画・予算
事業報告・決算
地域福祉活動計画
人材育成計画
区社会福祉協議会について
校区社会福祉協議会について
ふれあい事業(ネットワーク、サロン・デイサービス、ランチ)
社協の運営に関する情報公開
赤い羽根共同募金
現在位置 トップページ > 社協について > 赤い羽根共同募金 > 過去の寄付者のご紹介

過去の寄付者のご紹介

熊本地震災害義援金寄付者

平成28年度に、福岡県共同募金会福岡市支会に、熊本地震義援金をお寄せいただいた皆さま方を抜粋してご紹介します。義援金は、全額被災者の元にお届けさせていただきます。 ご協力ありがとうございました。(50音順)
社会福祉法人敬愛園 
アットホーム博多の森さま
 アットホーム博多の森に入所されているめいだみどりさま(写真右)の呼びかけで集まった義援金を、なかむらしせつちょうくしおかいごかかりちょうさまとともにめいださまがご持参されました。
 以下、めいださまからのコメントです。
「新聞やテレビで熊本と大分の地震を見てから私はとことん悲しくなりました。そこで、何かしたいなと思い、施設長に募金箱を作ってもらい、皆さんに声をかけ、少しお金が集まったので施設長と一緒に持ってきました。何かに役立ててください。皆さん、よろしくお願いします。」
社会福祉法人敬愛園HP
http://www.keiaien.org
写真 社会福祉法人敬愛園 アットホーム博多の森さま
社会福祉法人 シティ・ケアサービスさま
 シティ・ケアサービスにご入居されている方々、ご家族、職員の皆さまが集められた義援金を、法人本部長 おおばきんじさま(写真左)がご持参されました。
 以下、法人本部長、おおばきんじさまからのコメントです。
写真 社会福祉法人 シティ・ケアサービスさま
「4月、5月と、熊本の被災施設に職員とともに支援に伺わせていただき、まだまだ復興に力を注がなければいけないと実感いたしております。これからも、全力で支え続けさせてください。」
社会福祉法人シティ・ケアサービスHP
http://www.citycare.jp/
大産住宅株式会社さま
 大産住宅株式会社より義援金をいただきました。
 以下、同社代表取締役 まとばくにおさまからのコメントです。
「このたび熊本地震により被災された皆には、心よりお見舞い申し上げますとともに、被災地域の一日も早い復興をお祈り申し上げます。」
大産住宅株式会社HP
http://www.daisan-j.co.jp/
月隈まごころネットさま
 福岡市博多区月隈の福岡空港近くにある特別養護老人ホーム「アットホーム博多の森」のなかむらしせつちょう(写真左)と「月隈愛心の丘」のえがわしせつちょうさま(写真中央)が※月隈まごころサロン開催時に熊本地震の復興に少しでもお役にたてればと、サロン参加者に呼びかけを行い、集まった義援金を持参されました。
※月隈まごころサロン
博多区月隈地区の「医療法人永野病院」、「アットホーム博多の森」、「月隈愛心の丘」の3法人が協働して“月隈まごころネット”を発足し、地域の皆さんと実施している高齢者のためのサロン。
写真 月隈まごころネットさま
ディーディーリラクゼーション
(タイ式マッサージ)さま
 ディーディーリラクゼーションのお客やスタッフの皆さま方による義援金を、オーナーのナタポン コンギンよりいただきました。
 以下、ディーディーリラクゼーションからのコメントです。 「あの地震が起きて、私たちは何が出来るか、いろいろ考えた結果、募金をすることにいたしました。お店のお客は皆さん、とても協力的で、気持ち良く募金に応じてくださっています。これからも引き続き協力いたします。」
ディーディーリラクゼーションHP
http://www.deedee.jp
写真 ディーディーリラクゼーション(タイ式マッサージ)さま
福岡市立福翔高等学校吹奏楽部さま
 福岡市立福翔高等学校吹奏楽部の部員の皆さま方が定期演奏会の際に集めていただいた熊本・大分地震義援金を、同吹奏楽部部長の山本さん(写真左から2番目)と顧問の寺地先生(写真左から3番目)がご持参されました。
写真 福岡市立福翔高等学校吹奏楽部さま
 以下、部長の山本さんからのコメントです。
 「私たちは今回の震災で、私たちと同じように音楽が大好きな高校生の皆さんが、練習できずに避難所などで生活をされていること、そして大切な楽器が壊れたこと、活動場所がなくなってしまったことを聞き、何か自分たちにできることがないか、と思い、今回、募金活動を決めました。
 私たちの定期演奏会に来て下さった方々が、快く募金に応じて下さり、本当にうれしくなりました。この集まった義援金が、少しでも被災者の皆のお役に立てられるといいな、と思っています。ぜひこれからも、同じ九州の仲間として、私たちにできることを精一杯やっていきたいと思います。
 また、少しでも早い復興を、部員一同願っています。」