ヘッダー部分を読み飛ばし、コンテンツへ移動する
社協について
市社会福祉協議会について
組織
あゆみ
事業一覧
事業計画・予算
事業報告・決算
地域福祉活動
区社会福祉協議会について
校区社会福祉協議会について
ふれあい事業(ネットワーク、サロン・デイサービス、ランチ)
地域福祉ソーシャルワーカー配置事業について
市・区社協の社会福祉法人現況報告書
赤い羽根共同募金
現在位置 トップページ > 社協について > 事業計画・予算 > 平成27年度 事業計画要旨

事業計画・予算

 平成27年度 事業計画要旨

 一人暮らし高齢者世帯の増加、地域社会や家族のあり様が大きく変化するなか、社会的孤立、貧困などを背景に、公的な制度に基づくサービスや支援だけでは対応できない深刻な生活課題が顕在化してきています。
 また、介護保険制度改正への対応や、福岡市においても検討が進められている「地域包括ケアシステム」の構築に向けた取り組みでは、これまでの専門職中心ではなく、 高齢者等要援護者の生活を地域全体で支える仕組み作りを進めることが求められています。
 この大きな変革期にあたり、福岡市社会福祉協議会(以下「市社協」という。)は、これまで住民とともに進めてきた地域の福祉活動をより充実させるとともに、新たな生活支援サービスの創出にも取り組みます。
 また、平成26年度に引き続き「地域福祉ソーシャルワーカー」を全区に配置し、生活支援の取り組み、シニア世代の社会参加促進、権利擁護の取り組みを充実させ、地域包括ケアを推進するための基盤づくりを強化します。さらに、市社協が実施する各種相談や地域福祉ソーシャルワーカーの活動を通じて、生活困窮者の実態を把握し、関係機関等と連携しながら支援に繋いでいきます。
 以上のような取り組みを適正に進めていくために、関係機関等と協議しながら第5期地域福祉活動計画を策定します。

詳しくは以下事業計画書(PDF)をご覧ください。

事業計画書(pdf)のダウンロード
 このページのトップに戻る
事業計画・予算トップへ
Copyright(c)2008 福岡市社会福祉協議会 All Rights Reserved. このページのトップに戻る