ヘッダー部分を読み飛ばし、コンテンツへ移動する
社協について
市社会福祉協議会について
組織
あゆみ
事業一覧
事業計画・予算
事業報告・決算
地域福祉活動
区社会福祉協議会について
校区社会福祉協議会について
ふれあい事業(ネットワーク、サロン・デイサービス、ランチ)
地域福祉ソーシャルワーカー配置事業について
市・区社協の社会福祉法人現況報告書
赤い羽根共同募金
現在位置 トップページ > 社協について > 事業計画・予算 > 平成23年度 事業計画要旨

事業計画・予算

 平成23年度 事業計画要旨

私たちが暮らす地域には、制度の谷間にある複合的な課題を抱えている人たちが少なくありません。しょうし高齢化やライフスタイルの多様化、経済状況の停滞などにより、住民が抱える生活課題は一層複雑多様化しており、公的サービスだけでは全てを解決することはできません。地域で暮らす全ての人が自立した尊厳ある生活を送るためには、住民同士の支え合いが今後ますます重要となります。
このような状況の中で、本会では、個人が抱える生活課題に寄り添い、地域住民とともに解決に向けて取り組む「地域福祉ソーシャルワーカー事業」に新たに取り組むほか、認知症等判断能力が不十分なかたを支援する「日常生活自立支援事業」を拡充します。さらに、本会独自事業として、地域での新たな助け合い活動の仕組みを構築する「あんしんサービス創造モデル事業」や多様な課題に対応できるボランティアを養成する「課題別ボランティア養成講座」などを推進します。また、東北地方太平洋沖地震への支援にも取り組みます。

重点項目

(1) 地域福祉ソーシャルワーカー事業
地域福祉ソーシャルワーカー(専任職員)を配置し、公的サービスだけでは解決できない生活課題を抱えた人たちに寄り添い、解決に向けて支援する地域福祉ソーシャルワーカーモデル事業に取り組みます。
  1. 相談機能の充実
    校区社協や民生委員・児童委員など、地域の見守り活動を行う組織への相談・支援を行うとともに、地域で発見された個別の生活課題の解決に向けて、地域と一緒に取り組みます。
  2. 解決に向けての支援
    地域の生活課題を把握し、校区社協等と協力しながら地域福祉活動の充実に取り組むとともに、本会でおこなっている「日常生活自立支援事業」や「ボランティアセンター事業」との連携をさらに強化します。
    また、新たなサービスを創出する必要性等について検討するほか、関係機関へ働きかけを行います。
(2) あんしんサービス創造モデル事業
高齢者やしょうがいしゃ、子育て家庭などが抱える公的サービスでは対応できない生活課題の解決に向け、シニア世代を中心とした地域住民による、サービスを提供する新たな助け合い活動の仕組みを構築する事業をモデル的に実施します。
(3) 課題別ボランティア養成講座
公的サービスだけでは解決できない多様な生活課題に対し、対応できるボランティアを養成するため、課題別ボランティア養成講座を実施します。
  1. 高齢者外出ボランティア養成講座
  2. バリアフリー映画支援ボランティア養成講座
(4) 出前ボランティアセンター事業
市民が多く集まるイベントに臨時的にボランティアセンターを設置し、点字体験などの福祉体験のほか、ボランティアの相談・登録などを行い、ボランティア活動の普及を図ります。
(5) ずーっとあんしん安らか事業
頼りとなる親族がいない、高齢者の一人暮らし・夫婦のみの世帯の死後事務 (葬儀など)について、あらかじめ本会と預託金契約を締結し、住み慣れた地 域で安心して生活できるよう取り組みます。
(6) 東北地方太平洋沖地震への支援
平成23年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震に際し、被災地(福島県)へ職員を派遣し、現地での災害ボランティアセンター及び生活福祉資金貸付の業務にあたります。
また、現地でのボランティア活動に関する情報提供や福岡市内に身を寄せる被災者への個別支援に取り組みます。

事業項目

(1) 地域の支え合い活動の充実を図ります
  1. 校区社協とともに進める福祉のまちづくり
  2. 住民の主体的参加と相互に支え合うまちづくりの推進
  3. 地域で進める子育て支援
  4. 民生委員児童委員協議会との連携
  5. 共同募金、寄付金等を活用した福祉のまちづくりの推進
  6. その他の社協事業
(2) 多様なボランティア活動を推進します
  1. ボランティア活動相談・調整事業の強化
  2. ボランティアの育成、活動支援
  3. 災害ボランティア活動の推進
(3) その人らしい暮らしを支えます
  1. 相談機能の充実・強化
  2. 個別支援の強化・拡充
  3. 団体・施設等を通しての支援
(4) 福祉の心を育みます
  1. 福祉学習の推進
  2. 福祉啓発・情報提供機能の充実
(5) 市民福祉プラザ事業を推進します
  1. 福祉活動拠点機能の充実
  2. 市民向けの福祉講座の開催
  3. 情報提供と相談事業の充実
(6) 市・区しゃきょうの基盤を強化します
  1. 事業推進体制の強化
  2. 職員の資質の向上と人材育成
  3. 財源の確保
  4. 収益事業の実施(収益事業特別会計)
事業計画書(pdf)のダウンロード
 このページのトップに戻る
事業計画・予算トップへ
Copyright(c)2008 福岡市社会福祉協議会 All Rights Reserved. このページのトップに戻る