ヘッダー部分を読み飛ばし、コンテンツへ移動する
社協について
市社会福祉協議会について
組織
あゆみ
事業一覧
事業計画・予算
事業報告・決算
地域福祉活動
区社会福祉協議会について
校区社会福祉協議会について
ふれあい事業(ネットワーク、サロン・ディサービス、ランチ)
地域福祉ソーシャルワーカー配置事業について
市・区社協の社会福祉法人現況報告書
赤い羽根共同募金
現在位置 トップページ > 社協について > 事業報告・決算 > 平成27年度 事業報告要旨

事業報告・決算

平成27
年度 事業報告要旨

 一人暮らし高齢者世帯の増加、地域社会や家族のあり様が大きく変化するなか、社会的孤立、貧困などを背景に公的な制度に基づくサービスや支援だけでは対応できない深刻な生活課題が顕在化してきている。
 このような課題は、誰にでも起こりうる問題であり、適切に対応していくためには社会福祉の仕組みも、様々な変革が求められている。
 国では、持続可能な社会保障制度を確立するために、介護保険制度の改正をはじめとした関係法令の整備が進められており、この動きを受け、福岡市においても、高齢者等要援護者の生活を地域全体で支える仕組みである「地域包括ケアシステム」の構築に向けた取り組みが加速している。
 この大きな変革期にあたり、本会では、「地域福祉ソーシャルワーカー」を全区に配置し、「地域包括ケアシステム」の基盤づくりに向け、多様な生活支援サービスの創出や、シニア世代の社会参加促進、権利擁護の取り組みの充実に努めた。
 また、各種相談や、地域福祉ソーシャルワーカーや校区担当職員の活動を通じて、住民の抱える福祉課題・生活課題を把握し、関係機関等と連携しながら、その解決に向け、支援を行った。
 平成27年度の主な実施事業は、以下のとおりである。

詳しくは以下事業報告書(PDF)をご覧ください。

事業報告書(pdf)のダウンロード
※平成27年度事業報告書、収支決算書は、本会総務課で閲覧できます。
 このページのトップに戻る
事業報告・決算トップへ
Copyright(c)2008 福岡市社会福祉協議会 All Rights Reserved. このページのトップに戻る