ヘッダー部分を読み飛ばし、コンテンツへ移動する
社協について
市社会福祉協議会について
組織
あゆみ
事業一覧
事業計画・予算
事業報告・決算
地域福祉活動
区社会福祉協議会について
校区社会福祉協議会について
ふれあい事業(ネットワーク、サロン・ディサービス、ランチ)
地域福祉ソーシャルワーカー配置事業について
市・区社協の社会福祉法人現況報告書
赤い羽根共同募金
現在位置 トップページ > 社協について > 事業報告・決算 > 平成24年度 事業報告要旨

事業報告・決算

平成24年度 事業報告要旨

 私たちが暮らす社会には、都市化や少子高齢化、価値観の多様化、経済情勢の停滞などにより、制度の谷間にある複合的な課題を抱えている人が少なくない。福祉へのニーズが高まる中、公的サービスだけでは全てを解決することはできず、より柔軟な福祉サービスの構築が求められている。
 このような状況の中で、本会では、生活福祉資金貸付申請の急増による区社協の業務量増に対応するため、市社協に「生活福祉資金受付センター」を設置し、申請・受付業務を集約、専門相談員を置き、きめ細やかな対応を行うとともに、区社協職員の地域福祉業務への取り組みの強化につなげた。また、地域の見守り対象者の情報把握の支援や、緊急時の連絡先を記すカードの配付、生活課題を抱える個人に寄り添い、地域住民と連携して解決に向けて取り組む「地 域福祉ソーシャルワーカー・モデル事業」に取り組んだほか、判断能力が不十分な人を住み慣れた地域で安心して生活できるよう支援する「成年後見支援事業」、高齢者の生きがいづくりや社会参加を促進するための「介護支援ボランティア事業」等を実施した。
 さらに、多様化・複雑化する福祉課題に適切に対応できる職員の育成等を図るための、「社協起動プラン」を策定した。

詳しくは以下事業報告書(PDF)をご覧ください。

事業報告書(pdf)のダウンロード
※平成24年度事業報告書、収支決算書は、本会総務課で閲覧できます。
 このページのトップに戻る
事業報告・決算トップへ
Copyright(c)2008 福岡市社会福祉協議会 All Rights Reserved. このページのトップに戻る