ヘッダー部分を読み飛ばし、コンテンツへ移動する
社協について
市社会福祉協議会について
組織
あゆみ
事業一覧
事業計画・予算
事業報告・決算
地域福祉活動
区社会福祉協議会について
校区社会福祉協議会について
ふれあい事業(ネットワーク、サロン・ディサービス、ランチ)
地域福祉ソーシャルワーカー配置事業について
市・区社協の社会福祉法人現況報告書
赤い羽根共同募金
現在位置 トップページ > 社協について > 事業報告・決算 > 平成23年度 事業報告要旨

事業報告・決算

平成23年度 事業報告要旨

私たちが暮らす社会には、都市化や少子高齢化、価値観の多様化、経済情勢の停滞などにより、複合的な課題を抱えている人が少なくありません。福祉へのニーズが高まる中、公的サービスだけでは全てを解決することはできず、より柔軟な福祉サービスの構築が求められています。また、東日本大震災を契機として、地域住民による支え合いの仕組みづくりの重要性が再認識されています。
このような状況の中で、本会では、生活課題を抱える個人に寄り添い、地域住民と連携して解決に向けて取り組む「地域福祉ソーシャルワーカー・モデル事業」を実施し、住民のニーズ把握や地域組織の相談支援を行ったほか、住み慣れた地域で安心して生活できるよう高齢者の見守り支援や死後事務についての預託金契約を行う「ずーっとあんしん安らか事業」にも取り組みました。また、東日本大震災の被災地支援として、福島県への職員派遣を行いました。
平成23年度は、以下の方針をもとに各種事業を実施しました。

住民主体の在宅福祉サービスの推進

住み慣れた地域で、誰もが健やかに安心して暮らせる「ともに支えあう福祉のまち」をめざし、ふれあいサロン、ふれあいネットワーク等の地域住民による自主的な福祉活動を支援しました。
(ふれあいネットワーク助成校区数) 128校区
(ふれあいサロン助成状況)  134校区
289ヵ所
(ふれあいランチ助成校区数)  7校区

地域福祉ソーシャルワーカー・モデル事業

福岡市からの3年間の委託事業として、専任職員を団地、戸建て等居住形態の異なる市内6校区のモデル校区に配置し、地域の特性に合わせた高齢者等の見守りの仕組みづくりに向けて、校区活動者等の支援を行いました。また、対応が困難な個別ケースへ活動者と一緒に関わるなど、個別支援にも取り組みました。
(地域福祉ソーシャルワーカー・モデル校区)
東区 城浜校区、南区 東若久校区・東花畑校区、早良区 大原校区、
西区 西陵校区・周船寺校区

ボランティア活動の推進

ボランティア活動への参加促進やボランティア意識の高揚を図るため、高齢者外出ボランティア養成講座等の各種講座を開催してボランティア育成を行うとともに、ボランティア活動の相談や調整を行いました。
(個人ボランティア登録者数) 411人
(年度末登録者数) 1473人
(依頼件数) 1223件

生活福祉資金貸付等事業

低所得者、高齢者、障がい者等を対象に、それぞれの世帯の状況や必要に合わせた資金の貸付を行いました。
(貸付件数) 1531件
(貸付額) 約79,974万円
その他、臨時特例つなぎ資金制度、生活保護世帯等一時貸付事業などを実施しました。

日常生活自立支援事業

認知症や知的しょうがい、精神しょうがいのために判断能力が十分でない人々が、できるだけ地域で自立した生活ができるように、福祉サービスの利用援助や日常的な金銭管理などの生活支援を行いました。

(新規契約件数) 152件
(年度末契約件数) 344件

ずーっとあんしん安らか事業

高齢者が安心して在宅生活を送れるよう、葬儀・家財処分を行うための預託金を事前に預かり、定期的な見守り及び入退院時の支援などのサービスを行いました。(6月から事業開始)
(年度末契約件数) 51件
(契約件数) 11件

ファミリー・サポート・センター事業

子育て家庭が地域の中で孤立することなく安心して子育てができるよう、子育てを「応援して欲しい人」「応援したい人」を組織化し、会員制による相互援助活動を広めました。また、障がいがあるなど特別な支援が必要な児童は対象年齢を中学生にまで引き上げるとともに、出産で里帰りしている人も登録できるようにしました。
(会員登録状況)
依頼会員  4596人
提供会員  820人
両方会員  841人
(活動回数) 14547件

東日本大震災への支援

平成23年3月11日に発生した東日本大震災に際し、市民からの問い合わせ等に応じるとともに、被災地(福島県)へ職員を派遣し、現地での災害ボランティアセンターの業務にあたりました。
(派遣先) 福島県田村市災害ボランティアセンター、
福島県いわき市災害ボランティアセンター
(派遣期間) 平成23年3月29日〜9月2日
(派遣職員数) 2名ずつ14班(28名)

第4期地域福祉活動計画の策定

市民参加による支えあいにより、安心して暮らせる福祉のまちづくりを実現するための行動計画「第4期地域福祉活動計画」に関する諸会議を実施し、策定しました。

その他の事業

心配ごと相談事業
福祉バスの運行
市民福祉プラザの管理運営
市民向け福祉講座の開催
福祉用具リサイクル斡旋事業
リフトカー貸出事業
奉仕銀行運営
民間社会福祉事業従事職員福利厚生共済事業
各種助成事業
広報・啓発活動
その他
事業報告書(pdf)のダウンロード
※平成23年度事業報告書、収支決算書は、本会総務課で閲覧できます。
 このページのトップに戻る
事業報告・決算トップへ
Copyright(c)2008 福岡市社会福祉協議会 All Rights Reserved. このページのトップに戻る